2017年10月09日

【若返り】ボケ防止の方法は!?老化予防にはコレがおすすめ!

ボケ防止の方法や若返りの方法、老化予防にはこれらがおすすめ!


ボケ防止や若返りの方法は?



本を見る老夫婦

ボケ防止には一度にいくつもの仕事を片付ける段取りが必要な家事が良いと聞きました。

確かに、冷蔵庫の食材をいかにムダ無く減らすかとか洗濯機を回しながら掃除機をかけるとか結構頭の体操になります。

じゃあ専業主婦のわたしは毎日やっているから、いいことなんじゃないかとうれしくなりましたがやっぱり家事は面倒くさい。

なんとか楽してズボラを貫こうとあれこれ考えているのも、脳トレになってボケ防止へとつながるのかもしれません。

つまり、ズボラで面倒くさがりな人ほどボケないのか?とうれしくなりました。こういう自分に都合良く考える図々しいほどのポジティブさもやっぱり良いのかもしれません。

ボケ防止の塗り絵



喜んでいるお年寄りお正月に入った本屋さんで、たくさん塗り絵の本が並んでいるのを不思議に思っていたらこれはボケ防止になるからと中高年に人気の商品らしいです。

昨日食べたものが思い出せない、人の名前もすぐに出てこなくなった、まさしくボケ進行中かもしれない中高年な自分にぴったりの商品です。

絵柄も細かい鳥や花、草木、仏像、曼荼羅図などいろいろあります。ちょっと面白そうだからやってみようかな、と思いかけてふと気づきました。わたし細かい作業が苦手でした。

きれいな絵を眺めるのは好きですが、塗り絵は自分え塗らないと完成しません。機会があったらチャレンジしたい塗り絵です。

家庭菜園バンザイ!



ボケ防止のために始めた家庭菜園がかなり面白いですし、成長を見ていくのがやっぱり気持ちの良い物と気が付きました。

家庭菜園で育てている、青紫蘇・三つ葉が今季もたくさん葉をつけてくれました!

特別世話をして、しっかり水やり・肥料やりをしていたわけでもないのに、たくましく大きく育ってくれて感謝。今年も美味しく頂きたいと思います。

高齢者にも腹筋ローラーがおすすめ!



私は58歳と高齢者の部類に入るかもしれませんが、ボケ防止のために最近肉体改造に励んでおります。

先日購入した「腹筋ローラー」は効果抜群です。継続しているジムでのトレーニングにおいて腹筋が筋肉痛になったことはありませんでしたが、この「腹筋ローラー」を10回3セットするだけで次の日腹筋がものすごく筋肉痛になっていました。

週3回、3カ月続けた結果、ベルトの穴が一つ小さくなりました。プラスαとして上腕、背筋への効果もあります。ただ、使い方を間違えると腰を痛めてしまいますので注意が必要です。

初めて行う方は膝を付けた状態で行うことをお勧めします。それだけでも十分効果は望めます。

しかも1000円程度で購入できますので経済的ですし、場所も取らず室内でトレーニングできます。一石何鳥にもなりますし、運動はボケ防止、若返り効果が期待できるので、お勧めができると思います。

ご訪問有難う御座います。

posted by カタルース・ルイビトン at 19:15 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

【悩み解決】リストカットがやめられない|今すぐやめる方法は!

リストカットがやめられない時の悩みの解決法!


リストカットがやめられないときはどうしたら良いの?



カモミール

今でもリストカットをやめられないという方がいます。

この点は、はっきり言わさせていただきます。

『リストカットは今すぐやめましょう。』

親の因果は子に巡るという言葉があります。

親の背中を見て子は育つという言葉もあります。

親が踏んできた人生を何故か自分の子供が同じように踏むこともあります。

貴方は自分がこれから生む我が子に自殺をさせたいのでしょうか?

自分の愛する大切な子供にリストカットや薬をやらせたいのでしょうか?

貴方がそのような、今現在リストカットをしたくなるような弱い気持ちになるのは育てた親にも原因があり、そして貴方をいじめていた人達が原因なのかもしれません。

しかし、貴方の両親もまだ心が子供なのかもしれません。

ですが、貴方をこの年齢まで一生懸命に育てたから、貴方は一人で歩くことができ、テレビゲームや携帯電話で遊ぶこともできたり、食べたい料理も美味しく食べれるのではないのでしょうか?

貴方にこれから先、子供が出来たとき、その子供を育てるのに地獄のような大変さをおぼえることでしょう。

一時も目を離せないぐらい子供が暴れる時もあるでしょう。

夜、突然泣き出して貴方を困らせることもあるでしょう。

小学校に入らせるために、中学校に入らせるために一生懸命働いて、時には泣いたり悲しむともありながら子供の幸せを第一に考えながら立派な人間にするために育てていくでしょう。

貴方の両親は、その大変さを乗り越えて貴方をここまで育てました。

多少不器用だったのかもしれませんが、貴方を自分以上に幸せに育てようと思い一生懸命にここまで育ててきました。

貴方を精一杯育ててくれた両親に、感謝をしなければいけないのです。

貴方は今後、命懸けで両親に恩返しをしていかなければいけないはずです。

そして、これから強く、たくましく生きることは今まで育ててくれた、支えてくれた両親、兄弟、友達、先生への恩返しです。

また一生懸命に毎日を感謝しながら生きるだけでもこれまで貴方を苦労して支えてくれた人への恩返しでもあります。

自分を今以上に大切にして、自分をしっかりと支えてくれている自分自身の身体にも感謝をしましょう。

そして、他人をこれからも大切に思い、もしリストカットをしている心が病んでいる人を見つけたら、その人のためにも本気で怒ってあげましょう。

『自分を粗末にするな!!』

『自分を生かしてくれている身体をいじめるな!可哀想な思いをさせるな!』

『自分をこれまで育ててくれた人達のことも考えてみろ!』

と、本気で怒れる人間になりましょう。貴方なら必ずできるはずです。

ここまで誰だかわからない人が書いているこの文章を丁寧に読んでいる貴方ならできるはずです。

ご訪問有難う御座います。

posted by カタルース・ルイビトン at 09:37 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

幸せになるために大切なこと|言葉で人生や未来を変えるには!

幸せになる言葉で未来や人生を変えるために大切なこと


幸せになるために大切な言葉は?



明るい未来

幸せになるための言葉って皆さんもうすでにご存じでしょうが、おさらいをしていきたいと思います。「ありがとう」「ごめんなさい」「感謝をします」「嬉しいです」等々その他にもたくさんありますが、幸福になりたいなら、一番の言葉は「幸せです」でしょうね。

つまり幸せだと何回も言っているとそうなれるのです。よくクライアントさんが、幸せになりたいのですが・・・って訪れますが、いつでも簡単になれるわけですので、「幸せです」って言葉の魅力はとっても素晴らしいものですね。

明るい未来のために頑張る女性もちろんありがたいことがおこって欲しいと思ったら、常日頃「ありがとう」「ありがとう」と言っていればいいことなのです。難しく考えすぎる人はたくさんいるのでしょうが、ここらの問題では素直な気持ちで捉えるということが大切であります。

もちろん今の日本と中国の問題はなかなか大変なものですが、幸せになりたければ幸せという。ありがたいことを起こしたければありがとうと言う。逆にやなことを起こしたければやだな〜っていえばいいし、むかつくことを起こしたければむかつく〜って言えばいいのです。

自分の言葉次第で全て、貴方の人生の幸不幸が決まるわけです。死にたいと連呼していれば、死にたくもなるでしょう。面白いと連呼すれば何をしても面白くなるでしょう。不平や不満を言っていれば不幸になるでしょう。

これらはすべて1+1=2のレベルですよね。もっと奥深いレベルの話は後に説明をする事にしますが、基本的な開運論でいえば、そのような事をしていくだけで幸福になるための初歩をクリアできるということです。

幸せな未来のために



明るい未来のために頑張る「私はどうせ無理だから」「運命には逆らえないわ」「こういう星の下に生まれたのよ」そういう言葉を発する回数が多い場合、当然、幸せな未来は待っていません。何のために生まれたのかを理解しましょう。

人間界は修行の場であり、学びの場です。運命を知恵と努力で変えましょう.。::・゚☆たとえば、貴方の近しい人で些細な事でも良く怒る人や、すぐ愚痴が出てくる人、文句ばっかり言っている人、そんな人達がいたとしたら、陰陽の転換をさせましょう。

わかりやすくするために明るさでたとえましょう。暗い性格の人の周りに、明るい性格の人や前向き、プラス思考な人がたくさんいると、暗い性格の人が少しずつ明るい性格に変わっていきます。

心眼で見つける美しい物



美しいものは美しいと思える気持ちから作られます。高級な財宝を見ても、ドレスでも美しいと感じないものは、値段が高くても価値はないのです。

貴方が千円で買ったアクセサリーでも、服でも、貴方が友達からもらった些細なものでも、貴方が喜んで大切にしていれば、それが真実の財宝なのです。

眼ばかりを頼りにしてはいけません。そして値段やブランドばかり気にしてはいけません。貴方に大切なものがたくさんあれば、貴方は幸福者なのです。

ご訪問有難う御座います。

posted by カタルース・ルイビトン at 15:40 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  • SEOブログパーツ